子持ち・犬持ちずぼら主婦の 普通すぎる毎日を紹介。 やっつけ更新アリ。


by usako2nd
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

上のムスメはいつも鬼。

土日は大体旦那と子供たちと家族みんなで出かけている。

今日は近くにあるデパートに行った。


上のムスメはここをすごく喜ぶ。

なぜなら子供服売り場のところに結構広めの

子供を遊ばせるキッズコーナー(無料)が設置されているので

いつも沢山の子供がいるからだ。

上のムスメ、自分と同じくらいの子よりも

小学生低学年くらいの自分よりオネエチャンな子がダイスキなのだ。

・・・これがとても困る。

オネエチャンを見つけては構って欲しさに話しかけたりアピールを始めてついて歩きだす。

するとどうなるのか。


「あの子、また来たよー!逃げろー!!」


決まってこうなる。 このくらいの子供はどの子でも決まって。確実に。

大体、このくらいの子供は友達と数人で固まって遊んでいるのに

そこに知らないうちの子がヒョコヒョコ入っていくもんだから

面白がられて、最後は絶対走って逃げられるのだ。


・・・あぁ、また始まったよ。


その子供たちはうちのムスメが近づくと

「また来たー!」 なんて笑って逃げ回ってるのに

(近づくのを待ってるんだもんね・・・。)

ムスメは遊んでもらってると思って喜んで追いかけるんだもの。必死に。

そんなの見たら親としてツライ・・・というか情けないというか

すごく寂しくなるんですわ、本当に。

なのでムスメを呼ぶと

「まだみんなと遊ぶよー!まだ遊ぶよー!」 なんて言うんですもの。

・・・アンタ、遊んでもらってないんだよ、遊ばれてんだよ。

カアサンつらいよ、ムスメ。

旦那に話すと

「分かってないからいいんじゃないの?」 なんて言う。

確かにムスメは楽しそうなんだけど、アタシがいやなのよ!!


こどもルームに連れて行っても自分と同じくらいの子しかいないから

あんまり遊ばないのに、ここでは大ハシャギ・・・。


ごくたまに、このくらいのオネエチャンな子供でもムスメと遊んでくれる子もいる。

お菓子をくれたりする子もいる。

でも滅多に出会わない、そんな子には。

ここではいつもムスメはオネエチャンを追い掛け回している。


・・・頼む、オネエチャン。ムスメと遊んでやってよ・・・


神様、遊んでくれるオネエチャンをどうかムスメに与えてやってください。
[PR]
by usako2nd | 2006-08-21 00:50 | 普通すぎる毎日