子持ち・犬持ちずぼら主婦の 普通すぎる毎日を紹介。 やっつけ更新アリ。


by usako2nd
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

近所の公園と御犬屋敷

天気がいい日はムスメらと庭に出て

上のムスメはスコップなんかで砂遊び、

下のムスメはベビーカーで日向ぼっこ、ってな具合になっている。

「近所の子と遊ぶ」というのは

その子がウチに来てウチの庭で遊ぶというのが定番だ。

なぜうちの庭ばかりなのか?

公園にはいかないのか?

うちの近所に公園が無いわけではない。

歩いて2分のところにあるのだ。

だが、その公園には行かない。 行ってはいけないのだ。

なぜならその公園の前には「御犬屋敷」があるのだから。


アタシが結婚してここに来たとき、そこは「御犬屋敷」ではなかったのだが

いつのまにかそうなっていた。

どうやらその家の犬一族で繁殖を繰り返しているらしく、すごい勢いで増え続けている。

それだけなら人事で済むのだが

ここの犬たちは「放し飼い」されているから性質が悪い。

発情期のときなんてのは威嚇してきたりする。

まだそれを知らないころ、愛犬の散歩で前を通りかかり

すごい勢いで追いかけられた苦い思い出がある。

ごみ捨て場も毎日のように御犬ファミリーに喰い荒らされるようになり

組費で新しく作り直された。

そんな家が問題にならないわけが無く、地区総会でたびたび上がるのだが

そこの人、「逃げ回って捕まえられない」などとやる気の無い態度をするもんで

みんな注意するのをやめてしまった。

保健所に通報しても行政というものは動いてくれないらしい。


で、公園のハナシだが

この公園はそこのお犬様のフンだらけになっているのだ。

とんでもないハナシだ。

子供ができてみて、改めて怒りを感じる。


ただ、ここの「御犬屋敷」、一番怒りを感じるのは

あまりに増えすぎてエサが足りなくなるのか

よくその家の庭で犬が死んでいるのを見る。

それをいつまでも放置しているのだ。

干からびた死骸の横で、平気な顔して洗濯物を干していたりする。

犬に愛情なんて持っていないのだろう。

同じ犬飼いとしてなんだかセツナイ。

そこの御犬もその家に飼われなければ、もっとステキに生きられたろうに。


そんなこんなで、今日も公園には行かず

庭でムスメらと遊ぶのだ。
[PR]
by usako2nd | 2006-03-24 11:04 | 普通すぎる毎日